歴史と自然巡りの旅 飛騨こくふ

  • 楽しむ
  • 癒す

荒城神社本殿

本殿は室町初期の三間社流造り、柿板葺き。神社の創建は古く延期式神明帳(927年)に飛騨国内の八社のひとつとして記されています。祭神は河伯大明神、つまり川の神、水の神とされています。明徳元年(1390年)再建され、数度の修理を経ています。
国指定重要文化財(明治42年4月5日・昭和38年7月1日指定)

住所
高山市国府町宮地1405-1

Googleマップで見る