歴史と自然巡りの旅 飛騨こくふ

  • 楽しむ
  • 癒す

宇津江四十八滝

全国自然100選地、岐阜県名水50選地に選定された約800㌶の県立自然公園で、渓谷沿いには大小無数の滝があり、総称して宇津江四十八滝(うつえしじゅうはちたき)といいます。急峻な谷あいを数々の滝が水煙をあげて落下するさまが四季折々楽しめます。
名づけられた13の滝のなかでも王滝は高さが18.8mあり、訪れる人を魅惑します。滝の頂上にある上平滝までは約880mあり、園内は歩きやすいよう石畳等が整備されており、所要時間は約1時間です。
標高900mの渓谷内は、ブナ、ナラ、クルミ等の大木が茂り、貴重な山野草も見られ自然観察が楽しめます。公園内はキノコ・植物・魚類採取禁止、園内の清掃協力金にご理解・ご協力ください。
滝の登り口では、レストハウスで食事もでき、無料のつえが貸し出されており、散策にはスニーカーなど歩きやすい靴をお勧めします。
また、冬季にはキーンと氷ついた滝を一目見ようと、スノーシュー等で訪れる方が増えています。ログハウスバンガローのキャンプ場や花の森山野草花園が併設されています。

制作:Goovie 岐阜×動画

問い合わせ先
宇津江四十八滝総合案内所
住所
高山市国府町宇津江3253-86
料金
大人200円 / こども100円 (清掃協力金)
電話番号
0577-72-3948
ホームページ
http://www.48taki.com
備考
利用期間:4月~11月

Googleマップで見る